Uber ElevateをJoby Avitationに売却:航空タクシーと近代空港移動の発展



Uber Elevate (ウーバーエレベイト)、Uberのアーバンエアモビリティ イニシアティブはJoby Avitationに売却した。Joby Avitationは完全電気型の垂直性離着陸(VTOL)乗用航空機を開発している。契約の一部として、UberはJobyに$75ミリオンをさらに投資した。

プレスリリースは契約がJovy Aviationの前期を含めた全資金が$820ミリオンにも及ぶとされ、投資コミュニティが持つアーバンエアコミュニティ(UAM)と乗用ドローンへの関心が示されている。

JobyがUber Elevateを獲得したが、Uberが彼らのマルチ移動ネットワークへのビジョンから退くわけではない。”2つの親会社は互いのサービスを両アプリに統合する事で、未来の顧客へ空地間で隔てのない旅行を可能とさせつ”とJobu Aciationはプレスリリースに言及した。

Uber Elevateは2016年に設立され、アーバンエアモビリティ ディスカッションでも重要なプレーヤーえあった。アーバンエアモビリティ ディスカッションとはドローンと航空タクシーの統合をする事で移動ネットワーク、可能なフレームワーク構成を助けているものだ。UberによるUAMはJoby Avitationの航空機は未来の移動を代表とする強力なパートナーシップとなるとまとめた。”[Uberの]ソフトウェアツールは市場選択を可能とし、要求シミュレーションやマルチ移動オペレーションは彼らの仕事の中心であり、未来集中型の契約基盤を作る”とJoby Avitationは言及した。


「私たちは、昨年Uber Elevateとパートナー契約を組めた事を誇りに思っており、Uberとの協力を深めながら、今日Jobyチームに迎え入れることができた事をさらに誇りに思う。

Uber Elebateのチームは我々の業界で重要な役割をこなしているだけではなく、彼らは注目すべきソフトウェアツールを開発してきた数十年もの経験が需要のあるモビリティを可能としている。

これらのツールと新しいチームメンバーは、進行中のコマーシャルローンチのプランを加速していく中で我々にとって大変貴重である。」と Jovy AviationのファウンダーでありCEOのJoeBen Bevirtは言及した。

「Jobyは、何十年の開発に及んでいる全電気のバーチカル離着陸航空機を利用する事で、入手可能かつ静かでクリーンな移動サービスをオペレータしたい。150マイルまでの間で、最速200mph、その乗り物とサービスは旅行者たちの生活を大幅に変える可能性を持つ。」

「発展した航空移動は環境や次世代に前向きな可能性も持つ。」

「この契約は我々とJobyのパートナーシップを深め、このフィールドにおく明確なリーダーとして、我々のテクノロジーを用いて市場への道を加速させたい。我々は移動型モビリティーソルーションが、我々のプラットフォームを頼りに何万人ものカスタマーへ利用可能になる事を楽しみにしている。」とUber CEOであるDaraKhosrowshahiは言った。

Jobyは航空機のローンチを早々2023年に予定している。

Originally published on Drone Life (https://dronelife.com/2020/12/14/uber-elevate-sells-to-joby-aviation-the-advance-of-air-taxis-and-urban-air-mobility/) By Miriam McNabb