FAA、スペイン語でのWebドローンコンテンツを開始

最終更新: 3月5日




出典:FAAプレスリリース


連邦航空局は、無人航空機システム(一般的にドローンと呼ばれるUAS)のユーザーのために、スペイン語の選択ウェブコンテンツに翻訳するパイロットプログラムを開始。



パイロットプログラム


このプログラムは、英語力に制限のある米国在住の約2,560万人を対象にしています。英語以外に米国で最も広く話されている言語であるスペイン語に翻訳されるパイロットプログラムとなっています。



FAAの目標


FAAは、ドローンに興味を持つ米国の人々の障壁を取り除くことを目指しています。


FAAのウェブサイトには、レクリエーション向けの基本的なドローン安全情報が掲載され、既存のウェブページの一部がスペイン語に翻訳されています。



民間航空会社のパイロットとレクリエーション用ドローンのパイロットの違い


民間航空会社のパイロットには、英語を話し、読み、理解するための規制や法律上の要件があります。


レクリエーション用ドローンのパイロットには、同様の要件はありません。FAAはこのアウトリーチ活動の結果を分析し、将来的には他の言語での追加プロジェクトを検討する可能性があります。