Elistair製取付監視カメラドローンが24時間セキュリティをお届け



取付式監視ドローンソルーションを提供する、仏ドローン製造社Elistairが最新機器を発表しました。オリオン2取付式無人システムは軍や政府、業界ユーザーのために製造されました。


「回転式ドローンと異なり、オリオン2ヘクサコプターは24時間監視可能のため、本物の監視プラットフォームをお届けします。」と企業のプレスリリースは伝えました。

「小型の無人回転システムは空中上で一時停止して監視するには適していますが、バッテリー寿命が短いことでも有名です。」

CTO兼co-founderのElistairであるTimothee Penetは言いました。

「弊社のSafe2 やLighーT4のような取付式の充電ステーションの場合、空間上でのプラットフォーム時間を増加することでソルーションを提供いたします。それは様々なミッションに適しています。しかし、もしあなたが一日中駐屯地に滞在する時はどうしましょう?」


取付式監視ドローン

Orion2は頑丈で軽量なシステムで多様な環境で利用できます。

Elistairは、自動プッシュボタンで離着陸が可能なことから、Orion2を「即配置可能なシステム」と説明しています。何より重要なことに、Orion2は24時間空中に滞在することが可能です。


「従来では、より複雑で大きなプラットフォームが必要とされるヘリウム配給型戦術用軽飛行機にしか出来なかったことです。」とElistairは言います。

「私たちは、Orion2がそれほど長く空中滞在できるようリダンダンシーに注力しました。」とElistairのR&DディレクターであるPierre-Moana Levesqueは言いました。


「例えば、私たちはIP54を制作しました。モーターを含む構成要素の寿命を最適化させ、空中でも充電可能な安全バッテリーを追加しました。」

新型Orion2は、世界の顧客ベースで人気のあるOrionドローンの最新機器です。「Orionは2018年9月のRyder Cupを保護を助け、一日8~11時間もの間30万人の出席者の群衆の上を飛行し、フランス警察やイギリス軍、シンガポール政府から採用されまています。」とプレスリリースは発表しました。

MicroーTether

Orion2の特徴は100mほどのマイクロテザーが可能である点で、従来のOrionと比較し高度で飛行出来ます。

また監視機能に加え、Orion2は2kg朴dのペイロードを搭載することもできます。「ISRやテレコムプラットフォームを同時に行うことも可能です。」と企業は説明しました。

「Orion2はジオリファレンスされた電子光学ち赤外線映像を同時中継でき、また、新しい光ファイバーケーブルのおかげで4G/5Gコミュニケーションノードも搭載可能です。」

「Orion2取付式ドローンは、持続性や物流フットプリント、データコントロールといった意味で従来より明らかに発展しています。弊社は最新Orion2のローンチをとても楽しみにしております。」Elistair CEO兼co-founderのGuilhem de Marliaveは答えました。



Originally published on Live Science (https://dronelife.com/2020/11/23/elistairs-tethered-surveillance-drone-delivers-round-the-clock-security/) By Miriam McNabb