Pix4DとSAPが提携



Pix4DとSAP®による提携


Pix4Dは、SAPとの提携により、公共事業、鉱業、建設分野におけるデジタル資産管理とデジタルインベントリのアプリケーション開発を計画しています。


「通信会社向けのドローンベースのデジタル3D検査の市場を開拓する」とPix4Dのプレスリリースは述べています。


電気通信系の業界セグメントは今やドローン業界にとって重要です。ドローンで活用可能な多様なアプリケーションも急速に登場しています。


Pix4D技術をSAP S/4HANAプラットフォームに実装


ドローンの通信業界での主な活用事例に検査や監視などのアプリケーションが挙げられます。新しいPix4D技術で可能なドローン、クラウドコンピューティング、人工知能(AI)の助けを借りて伝送マストを検査は、SAP S/4HANAプラットフォームに実装され、SAP Asset Managementに統合されました。





Pix4Dscan & Pix4Dcatch モバイル アプリで出来ること


Pix4Dscan および Pix4Dcatch モバイル アプリを使用して、この統合技術は下記の通りです。


・ドローンや地上からデータを安全に収集、伝送マストや通信システムの正確な 3D モデルを自動作成(デジタル コピーは、Pix4Dinspect を使用して仮想環境で調査・機械学習アルゴリズムでアンテナのサイズと向きを自動測定も可能。)

・Pix4D オンライン プラットフォームでデータを SAP S / 4HANA と同期可能。