ドローン企業の第2四半期報告書




輸送ソリューションプロバイダーのワークホースグループは、2020年の第2四半期に向けて新たな高みを目指しています。


同社のプレスリリースによると、シンシナティを拠点とする同社は、第2四半期の6月30日を締めくくるいくつかの主要な財務ベンチマークを記録しました。


2019年第2四半期の売上高は9万2,000ドルだったのに対し、2019年第2四半期は5,500ドルでした。


商品の販売コストは、2019年第2四半期の93万ドルから150万ドルに増加しました。販売費および一般管理費は、前年同期の200万ドルから390万ドルに増加しました。


この増加は主に、コンサルティング費用の増加、従業員関連費用の増加、およびインセンティブ・ストック費用の増加によるものです。


ドローンの分野では、WorkhorseはUnmanned Systems Operations Groupと提携し、医療分野に焦点を当てたドローンのパイロット配信プログラムを開始しました。


このイニシアチブでは、シンシナティ大学工学部応用科学部が設計・製作したオクトコプター型ドローンであるWorkhorseのHorseFlyを配備しています。


さらに、同社はトラック発進のドローンによるパッケージ配送システムを開発するための特許を申請しています。Horseflyは、特注の高効率配送ドローンで、電動/ハイブリッド配送トラックのWorkhorseラインと完全に統合されており、FAAに準拠するように設計されており、配送トラックと統合してドライバーやアシスタントとの視線飛行を維持します。


さらに、Workhorse は電気自動車とバッテリーの分野でも新たな飛躍を遂げました。先月、同社は、Ryder System, Inc.のChoiceLeaseとSelectCare製品ラインでの初期使用と、ピアツーピアのトラックシェアリングプラットフォームであるCOOP by Ryderプログラムでの短期レンタル用に、2台のC-1000電動ステップバンを納入しました。

また、Workhorseは、米国環境保護庁(EPA)とカリフォルニア大気資源委員会(CARB)の両方から承認を受けた最初で唯一の中型バッテリー電気自動車(BEV)OEMとなり、同社は全50州での車両販売を許可されました。

「今年の上半期には、一連の主要な業務上およびEV業界のマイルストーンを達成し、数週間前には当社のCシリーズトラックをライダー社に初めて正式に納入しました。」とWorkhorseのCEOであるDuane Hughes氏は述べています。

「さらに、ここ数ヶ月で必要とされる様々な州および連邦政府の承認を取得した後、当社は現在、50州すべてで当社の車両の販売と配送を許可された唯一の中型BEV OEMとなりました。税制上の優遇措置、政府のプログラム、戦略的パートナーシップなどを通じた販売経路の拡大により、当社は成長するバックログを構築する機会を増やすことができるようになります。私たちは今、野心的な納入キャンペーンの目標を達成するために、今年の残りの期間を通して生産を拡大していくために、効率性と生産量を最大化することに焦点を当てています。」

Originally published on DRONELIFE

( https://dronelife.com/2020/08/12/workhorse-drone-firm-reports-elevated-q2/

By Jason Reagan