ドローンアップ特許でわかる、トム・ウォーカーが宇宙を支配する理由


DroneUp特許A DroneUp特許は、本日発表されたもので、同社が大規模なサービスプロバイダのパックをリードしている理由を示しています。

3 年前、Tom Walker と彼のパートナーは素晴らしいアイデアを持っていました。DroneUpのような中央機関がパイロットネットワークのデータベースに仕事を入力し、どのパイロットが適切で、利用可能で、地元のパイロットであるかを判断し、アプリを使って仕事のオファーを送ることができる自動化されたシステムがあったらどうでしょうか?そして、その仕事に適したパイロットが採用されると、依頼者はその仕事の詳細を直接そのパイロットに送ることができます。これは、ドローンサービス会社のシステム全体が、中央機関とパイロットの両方のためにうまく機能するように設計された素晴らしいアイデアでした。投資家はこれを気に入り、パイロットはこれを絶賛しました。

そして、彼らはさらに良いアイデアを持っていました。それを特許にしたらどうでしょうか?


この度、その特許である「共通のミッションに参加しているドローンパイロットの調整のための多重通信」が付与されました。本日PTOから発行されたこの特許は、ドローンパイロットと管理・通信し、ミッションを割り当てるためのウェブベースのプラットフォームに関するものです。多重通信」や「複数のパイロット資産」という言葉を理解してしまえば、コンセプトは(比較的)シンプルです:モバイルアプリを使ってドローンのミッションをパイロットに割り当てる。2016年にDroneUpを設立し、特許に発明者として記載されているウォーカー氏が、ライセンスを取得し、吟味され、訓練を受けたパイロットのネットワークを構築し、彼らを働かせ、報酬を得ることを可能にしたのは、このコンセプトと同じです。

ドローンアップ特許

DroneUp CEOのトム・ウォーカー氏

民間企業ではどこにでもありますが、COVIDの期間中はビジネスがより良くなるばかりで、産業界はドローン技術を利用してより少ないリソースで効率的な運用を行っています。一部のドローンサービス企業が縮小している時期に、DroneUpは新たな買収と成長のための新たな計画で拡大しています。今回の特許の公開は、DroneUpにとって多くの選択肢を残しています。ドローン業界の常識的な発言者として知られるWalker氏は、どんな状況であっても、今すぐにできることをすることを大切にしています。 DroneUpの特許取得済みシステムには柔軟性があり、ドローンサービスプロバイダにも、大企業のドローンプラットフォームにも簡単に対応できます。この特許は、類似のシステムを使用している他のサービスプロバイダにトラブルを引き起こす可能性があります。DroneUp社は、特許やその計画についての発表を行っていない。

数ヶ月前にDRONELIFEとの会話の中で、Tom Walker氏はDroneUpのラストマイルのドローン配送テストについて、典型的な控えめな表現でDroneUpの成長と現在のポジションをまとめています。"今はドローン業界にとって興味深い時代です。"興味深い時代だ"

Originally published on DRONELIFE

(https://dronelife.com/2020/08/11/droneup-patent/

By Miriam McNabb